ときた内科クリニックの院長の常田陽子と申します。
 横浜市立大学医学部附属病院に8年間勤務、その後医療法人社団湯沢会 西部腎クリニックの院長として12年間勤務し、その間 高血圧症、不整脈、冠動脈疾患、糖尿病、高脂血症、消化器疾患、腎臓病、感染症、小児科外来など・・・内科に関する診療を通じて研鑽を積んでまいりました。
 一般診療の他に、在宅医療にもご協力させて頂きますので、ぜひお電話にてご相談ください。
 医療機器も胸部・腹部レントゲン他、往診時使用可能な心電図、超音波も導入いたしましたので、在宅での検査も可能となっております。
 小児の診察、治療、予防接種も行っておりますので、ぜひご来院ください。(予防接種は事前にお電話ください。)

 保土ケ谷区という私が生まれ育った思い入れのある地に、こうして開院出来ることに感謝し、地域の皆様のために力を尽くしていきたいと思っております。
末永くよろしくお願い申し上げます。





昭和41年       横浜市保土ケ谷区生まれ
            
横浜国立大学教育学部附属横浜小学校、
            桜蔭学園中等部・高等部卒業

平成4年        
横浜市立大学医学部卒業
            
臨床研修医2年間の後、大学院卒業
平成10年〜平成12年 
横浜市立大学医学部附属病院 助手(内科学第3講座)
平成13年〜平成25年 
医療法人社団湯沢会 西部腎クリニック 院長
平成25年5月     
ときた内科クリニック開院







Copyright (c) tokita clinic all right reserved.